社史

昭和17年 松山市を拠点とする運送会社5社を統合して中予運送株式会社を設立。
貨物運送事業を開始。
昭和25年 伊予鉄道(株)の資本参加。一般路線自動車運送事業を開始。
四国4県内の主要都市を結ぶ路線網を開拓。
昭和30年 松山城の石材運搬を行う。

当時のトラックとともに。

三津浜港での荷作業風景。当時は海運事業も手掛けていた。

海運事業所の第三多満丸

昭和36年 松山-大阪路線の免許取得。
昭和38年 当時のトラック
昭和40年 名古屋鉄道(株)の資本参加により名鉄運輸(株)と業務提携。
当時の中予運送のトラックは赤と橙のツートンカラーであった。

運転士仲間とともに

大阪営業所の当時の車庫

昭和41年 大手町から南斎院へ本社(中予運送)を移転。
昭和42年 四国名鉄運輸(株)と称号を変更。

三浦工業株式会社様 宮西工場にて


当時の松山市内
昭和44年 松山-名古屋路線の免許取得。
昭和45年 松山-東京路線の免許取得。


熊本路線の免許取得。
昭和46年 航空貨物の取り扱い開始。
昭和47年 当時はフルトレーラーで大阪や名古屋へ荷物を輸送していた。
昭和49年 当時の大阪へのライナー便。
昭和51年 名鉄グループ、(株)名鉄コンピュータサービスを設立。
昭和56年 名鉄運輸グループ、営業キロ数で業界トップになる。

元旦、しめ飾りをつけてトラックが整列(松山支店)
昭和58年 名鉄運輸(株)、信州名鉄運輸(株)、四国名鉄運輸(株)3社による新輸送管理システム運用開始。
昭和59年 名鉄運輸グループVAN、中小企業VANとして認可。
昭和60年 電気通信事業法に基づく一般二種電気通信事業者の認可。
昭和62年 道後から砥部へ。現在の砥部動物園の移動を行う。
昭和63年 分社化により徳島名鉄急配(株)を設立。
平成元年 香川県に中讃物流センターを開設。
平成4年 本社横にコンピュータビル完成。

分社化により松山名鉄急配(株)設立。
平成9年 分社化により高知名鉄急配(株)設立。
平成11年 分社化により南予名鉄急配(株)設立。
産業廃棄物収集運搬の取扱開始。
平成15年 高知支店新築移転。安全性優良事業所認定。
平成16年 グリーン経営認証取得。通関業開始。
平成17年 松山ロジスティクスセンター開設。
平成19年 高知倉庫増設。東予航空営業所新設。
平成20年 徳島航空営業所移転。
平成23年 中讃支店倉庫増設。
平成24年 姫路営業所開設。
平成26年 今治倉庫営業所開設。
丸亀支店開設。
平成27年 中讃配送センター増床。


SEJ船橋倉庫営業所開設


SEJいわき倉庫営業所開設
各種約款 | 個人情報保護方針 | 企業倫理規範 | サイトポリシー