輸送の安全取組計画

運行管理関係

  • 運行管理者は、乗務前・乗務後及び中間点呼を確実に実施する。対面点呼を実施できない遠隔地、中間点呼は電話点呼を確実に行う。
  • 新様式による、点呼簿への確実な記録を行う。
  • 店所長は、運行記録計(デジタコ)による拘束時間、連続運転時間、休息期間について把握し、直接乗務員に対し指導を行う。

事故防止関係

  • 後退する場合は、一旦降車して後方等の状況の確認を徹底し、後退事故を減少させる。
  • 夜間走行時は、前照灯のこまめな切り替え(ハイビーム)を行い、よく前方を確認し走行する。
  • 運転中の携帯電話の使用、ながらスマホの運転禁止。
  • 飲酒運転事故撲滅のため、「飲酒運転防止対策マニュアル」等を活用し、飲酒事故防止に取り組む。
  • 指差呼称の確実な実施、門前点呼の継続した実施により事故防止に取り組む。
  • 輸送の安全に関する外部機関による教育研修、及び社内教育を積極的に推進する。
  • 運行記録計(デジタコ)、ドライブレコーダーの映像、ヒヤリハット等を活用した事故防止教育を店所安全衛生対策委員会等で実施する。
  • 乗務員は、デジタコ、ドラレコの動作及び異常の有無の点検を行う。
  • 「安全・品質総決起大会」の開催により事故防止に取り込む。

安全投資関係

  • ドライブレコーダ、デジタコを全車に装着する。また、ヒューマンエラー防止車両の導入を計画的に推進する。
  • 2019年度計画投資額:  46,000(千円)

点検整備関係

  • 車両の日常点検、定期点検の確実な実施及び記録。
  • 車両の点検・整備を強化し、故障箇所の早期発見に努める。
  • 本社整備工場は、年2回、各店所の車両点検整備及び5Sチェックを実施する。
各種約款 | 個人情報保護方針 | 企業倫理規範 | サイトポリシー